世界遺産・清水寺(京都市東山区)の「清水の舞台」下で、柱や礎石を支える地面を固める工事が進んでいる。舞台のある本堂(国宝)が再建された1633年以来初めてで、今後も数百年にわたり建物を保つための基礎固めだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます