水墨画家の丸木位里(いり)(1901~95)と洋画家で妻の俊(とし)(1912~2000)が、原爆投下後に広島を訪れて描いた連作絵画「原爆の図」が6~8月、米・ワシントンで展示される。戦後70年、米国では今も原爆投下は正しかったという考え方が主流だ。企画者は「原爆が何を引き起こしたのかを伝えたい」…

無断転載・複製を禁じます