格差社会が問題化している韓国で昨年、非正規労働者を扱ったドラマ「未生(ミセン)」が大ヒットした。主人公のチャン・グレはプロの囲碁棋士になる夢が挫折し、大手商社にインターンシップで入り、契約社員になり、正社員を目指す。その奮闘する姿が共感を呼んだ。労働組合から批判を浴びた韓国政府の非正規職の対策が「チャン・グレ量産法」と呼ばれるなど、社会現象にもなった。原作は同名のウェブ上の漫画だ。作者の尹胎鎬(ユンテホ)さん(45)に聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます