朝日新聞で再連載中の夏目漱石「三四郎」は23日付で終わり、4月1日から漱石「それから」を106年ぶりに連載します。主人公・長井代助は「高等遊民」といわれます。耳慣れない言葉ですが、漱石を始めとする多くの文豪が描いてきたモチーフで、この冬にはフジテレビ系の連続ドラマにも登場し、話題になっています。「それから」の魅力を語るのに欠かせない「高等遊民」とは?…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます