兵庫県尼崎市の連続変死事件の裁判員裁判で、神戸地裁(増田耕児裁判長)は18日、角田(すみだ)美代子元被告(自殺時64)の息子、角田優太郎被告(28)に懲役17年(求刑懲役25年)を言い渡した。被告側は起訴された五つの事件のうち、2件の殺人を含む四つの事件で起訴内容を否認していたが、判決は全事件で元被告との共謀を認め、有罪と判断した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます