安全保障法制の与党協議は、「歯止め」をめぐる議論が焦点となった。海外での武力行使を封じてきた憲法の解釈を変え、日米安全保障条約に基づく両国の軍事的な協力関係を見直せば、飛躍的に自衛隊の活動が広がる。それを縛るブレーキが必要になるからだ。「歯止め」論から、新たな法制を読み解く。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます