東京・神田に昨秋オープンした落語と講談の二ツ目専用の寄席「神田連雀亭」の再開を記念して28日、神田周辺でお練りが行われた。この寄席は興行場としての許可を受けていなかったため、いったん営業を停止、2月に再開したという。席亭の古今亭志ん輔さんは「けじめをつけるためお練りをしました。再起をかけて、連雀亭がぐんぐん伸びるように若手の力で盛り上げてほしい」とあいさつした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます