福島第一原発事故で全町避難が続く双葉町の帰還困難区域に17日、記者が入った。「原子力 明るい未来のエネルギー」と標語を記した町中心部の看板の前でも、サクラが咲いていた。小学生の時にこの標語を考え、事故で町から避難を強いられた大沼勇治さん(39)が案内してくれた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます