東日本大震災の仮設住宅をめぐり、岩手、宮城両県は13市町村で入居期限を原則5年とする方針を固めた。復興が進む市町村から期限を区切って住宅再建を促し、仮設住宅の早期解消をめざす。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます