第2次世界大戦後に旧ソ連に抑留されて亡くなった日本人について、厚生労働省は30日、延べ1万723人分の名簿を新たにウェブサイトで公開した。このうち延べ2130人分は今の北朝鮮や中国、樺太(現ロシア・サハリン)などで死亡した人だ。シベリア地域(モンゴル含む)以外の抑留死亡者の名簿が公表されるのは初めてとなる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます