茶道のお点前をコンピューターで評価するシステムを、東北大学の学生が開発した。理想のかき混ぜ方にどれだけ近いか、竹製の「茶筅(ちゃせん)」に埋め込んだセンサーからのデータを元に採点する。教室に通わなくても学べる。名付けて「どこでも茶道」。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます