国内の水族館で飼育されているラッコの数が、急速に減っている。輸入が不可能になり、全国各地の水族館の連携による繁殖もうまくいかないためだ。予測を上回る減り方に、関係者は「絶滅」の恐れもあると、危機感を募らせている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます