広島・長崎への原爆投下は、日本の降伏をもたらし、本土侵攻で失われる数多くの命を救った――。そんな「原爆神話」に挑み続ける米国人がいる。20年前、退役軍人の反対で頓挫したスミソニアン博物館の原爆展を引き受け、被爆70年の今年、新たな原爆展を開催するアメリカン大のピーター・カズニック歴史学教授に聞いた…

無断転載・複製を禁じます