「投資の神様」として世界で知られるウォーレン・バフェット氏(84)が、投資会社「バークシャー・ハサウェイ」を率いて今年で50年。ヘッジファンドと違って「割安な優良株に長期投資」という正攻法が、個人投資家から尊敬を集める。本人の投資に対する意欲は衰えないが、市場の関心は早くも後継者探しに向かっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます