昨夏、122年の歴史に幕を下ろした福山市笠岡町の「シネフク大黒座」を舞台にした映画「シネマの天使」が、全国公開より1週間早く、10月31日から県内で先行上映されることになった。映画は、シネコンが広がるなか、昔ながらの映画館のぬくもりを伝える作品になるという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます