体と心の性が一致しない人など性的少数者(LGBT)への理解を広める活動をしている市民グループ「PROUD(プラウド)」(高松市、藤田博美代表)が、どんな性別の人でも利用できるトイレのマークを募集している。最優秀賞2点を選び、LGBTの人も使いやすい多目的トイレに付けるよう、行政機関や企業に働きかける。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます