細田守監督の前作「おおかみこどもの雨と雪」を母親の物語とするなら、今回の「バケモノの子」は父性が主軸。この2本のアニメーションは、共に子育てというモチーフを備えており、ワンセットと呼びたくなるほど連続性が強い。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます