やはり男性不遇の時代か。最近の映画では、夢と現実の狭間(はざま)で苦悩する“自己実現”という主題は、未熟な中年男性にあてがわれることが多い。これは欧米でも日本でも、経済成長がピークを過ぎた国に共通の傾向だ。仕事でも家庭でも、満足な居場所を見つけられないまま加齢が進む……。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます