終戦から70年。高齢になった元兵士や市民が、自らの戦場の記憶を語れる時間は、もう残り少ない。文章や映像での記録は残っても、語られなかった個人の体験や人生、目の前で話す彼らの語気や息づかいから伝わる「戦場の手触り」は、永遠に失われてしまう。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます