来年5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に向け、地方の財政負担が膨らんでいる。三重県が9月補正予算案に盛り込んだ関連経費は、2008年の洞爺湖サミットで北海道が負担した額をすでに超えた。隣県愛知にも警備費がのしかかり、ともに国の支援を強く求めている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます