TBSドラマ「下町ロケット」の新たな配役が明らかになった。主人公・佃航平(阿部寛さん)と向き合う帝国重工の財前部長役を吉川晃司さんが演じる。「モニカ」での衝撃的なデビューから約30年、吉川さんはロッカーとして俳優としてかぶき通し、常識を壊す若者の象徴だった。一転、「下町ロケット」では「まさか」の部長役で、物語の鍵を握る大企業の管理職を演じる。新たな役に挑む思いを聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます