ラグビーの第8回ワールドカップ(W杯)イングランド大会は19日、ブライトンなどで1次リーグがあり、B組の日本(世界ランキング13位)が過去、W杯2度制覇の南アフリカ(同3位)を34―32で破る大金星を挙げた。日本がW杯で勝つのは1991年大会のジンバブエ戦以来、24年ぶり。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます