イナゴや蜂の子など、地域によって昆虫を食べる習慣が根付く日本に、食用に養殖した乾燥コオロギを輸出する事業をフランス人の男性が始めた。「昆虫は良質のたんぱく質。伝統や食文化への意識が高い日本から発信していきたい」と将来は世界を的に見据える。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます