ウィルチェアー(車いす)ラグビーは、腕や脚にまひなどの障害がある人のための団体球技として1977年にカナダで考案された。車いす同士がぶつかり合うタックルが魅力の一つで、バスケットボールなどの要素も採り入れられている。北米や欧州を中心に普及が進み、その激しいプレーから「マーダーボール(殺人球技)」と呼ばれたこともある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます