今年のノーベル文学賞は、ベラルーシのジャーナリストで作家のスベトラーナ・アレクシエービッチさんに決まった。英米仏が中心の文学から、文化や言語を越境する文学へ。現代の世界文学について、米文学者の都甲幸治さんと仏文学者の芳川泰久さんが語った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます