旭化成建材が建物の杭の施工データを偽装していた問題で、北海道釧路市の道営住宅では、約10メートル離れた別の杭のデータの記録用紙を切り貼りして偽装していたことが、道の調べでわかった。国土交通省は旭化成建材に、現地のボーリング調査などで安全性を確認するよう指示した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます