中国の李克強(リーコーチアン)首相は4日、北京市内で日中経済協会(宗岡正二会長)など日本経済界の代表団と会談し、中国の今後5年間の経済方針を伝えた。中国首脳が代表団との会談に応じるのは6年ぶり。落ち込みが激しい日本の対中投資を回復させたい狙いがある。代表団は、中国経済の構造改革を加速させるよう注文…

無断転載・複製を禁じます