ラグビーワールドカップ(W杯)日本代表の立川理道(はるみち)選手(25)が11日、所属チームのクボタスピアーズの本拠地・船橋市を訪問した。立川選手は全試合で先発出場。初戦の南アフリカ戦では、終了間際の逆転トライにつながるプレーで長いパスを決めるなど、過去最高の3勝1敗という快挙に大きく貢献した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます