日本のロケット開発は1931年に当時の陸軍と海軍で同じ頃に始まりました。太平洋戦争末期には軍事用ながら、「櫻花」「秋水」というロケット戦闘機を完成させ、当時は世界水準の技術を誇ったと言われています。しかし資料は焼き尽くされてしまい、ほとんど残っていません。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます