「結婚により夫婦は同じ姓になる」「女性は離婚後6カ月は再婚できない」。この二つの民法の規定が、憲法に違反するかどうかが争われた訴訟で、最高裁大法廷が12月16日に判決を言い渡します。「個人の尊重」や「男女平等」に反すると判断すれば、法改正に向けて動き出す契機になります。結婚をめぐる法律の現状や課題…

無断転載・複製を禁じます