英国がオーストラリアで行った核実験の被曝(ひばく)の実情を語り継ごうと、オーストラリア南部の先住民団体の会長カリーナ・レスターさん(41)が初来日した。被爆地・広島で講演し、原発事故やウラン採掘など世界約10カ国の「核の被害者」と議論を交わした。26日、東京都内で朝日新聞の取材に応じ、「黙殺されて…

無断転載・複製を禁じます