米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の沖縄県名護市辺野古への移設計画をめぐり、行政法や憲法を専門とする法学者らが14日、参院議員会館で記者会見し、「辺野古新基地建設に抗議する」との声明を発表した。国が翁長雄志沖縄県知事を相手取り、埋め立て承認取り消しの撤回を求めた代執行訴訟などの一連の手続きについて「制度の濫用(らんよう)であり違法な決定」と批判している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます