独立行政法人の農畜産業振興機構が12月4~6日に実施した調査によると、東京・大阪近郊のスーパー(売り場面積1千平方メートル以上)95店のうち、バターが店頭になかったのは3店にとどまった。前回調査(11月27~29日)は10店で、バター不足は解消に向かっている可能性がある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます