朝日新聞社は19、20日、全国世論調査(電話)を実施した。消費税の軽減税率について尋ねたところ、酒と外食を除く食品全般、新聞の税率を8%に据え置く自民、公明両党合意の内容を「評価しない」は47%で、「評価する」39%をやや上回った。1兆円減る税収をどう補うか、議論が先送りされたことについては「評価しない」68%、「評価する」15%だった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます