サウジアラビア内務省は2日、テロに関与した罪で47人の死刑を執行した。サウジの国営通信が伝えた。処刑された死刑囚の大半は国際テロ組織アルカイダのメンバーだが、同国のイスラム教シーア派高位聖職者のニムル師が含まれるため、シーア派の大国イランなどが反発を強めている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます