無国籍状態の赤ちゃんが養子縁組で日本の国籍をとれることが分かり、弁護士らの間で制度を学ぼうという動きも出始めた。縁組は昨年1件成立し、2件目の審判も裁判所で進行中だ。日本に住む外国人が増え、保護を必要とする子どもの国籍が「無国籍」も含めて多様化するなか、今後事例が増える可能性がある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます