台湾のベストセラー作家、龍應台さんは、時代に翻弄(ほんろう)される民衆の姿をいたわりをこめた筆致で描き、中国語圏で大きな影響力を持つと言われる。大陸から台湾に移り住んだ外省人の家庭に生まれながら、独自の視点で政治や社会への批評も続けてきた。総統選挙の投開票を間近に控えた台湾社会と、そこに住む人々へ…

無断転載・複製を禁じます