阪神・淡路大震災で被災した自治体から、東日本大震災の被災自治体へ中長期派遣された職員を対象に、朝日新聞が支援活動に関するアンケートを実施したところ、阪神大震災の経験や教訓を生かせたと答えた職員が回答者の5割を超えた。一方で、被災状況の違いなどから「阪神の復興事業での経験は共有できなかった」といった声もあった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます