東日本大震災から間もなく5年。いまも全国の自治体から職員が被災地に派遣されている。そこに、阪神・淡路大震災の経験が生かされている。九州・山口・沖縄の自治体でも、広域的な支援協定を結び、大災害に備える動きが広がっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます