空き家や使っていない部屋をお遍路向けの安価な宿として整備し、若者や外国人に提供する――。松山市出身のNPO関係者が、今春スタートのそんな計画を進めている。札所と同じ88カ所の「お遍路ハウス」を四国各地に用意する構想で、空き家の活用に加えて四国を訪れる人の交流を支援し、地域活性化にもつなげる狙いという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます