長野県軽井沢町軽井沢の国道18号の入山峠付近で15日未明、斑尾(まだらお)高原に向かっていたスキーツアーの大型バス(乗客・乗員計41人)が道路脇から転落し14人が死亡した事故で、運転手が会社に報告せずに、ルートを変更していたことが分かった。バス会社が明らかにした。道路運送法では、運転手があらかじめ…

無断転載・複製を禁じます