横浜駅西口の川のほとりに軒を連ねる12のおでん屋台は、ちょっとしたハマの名物だ。昭和30年代から、サラリーマンたちの憩いの場になってきた。その灯が今月、消えていく。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます