「までい牛、おいしいよ! 食べてって!」。10日に開かれた東京大学農学部の物産展で、元気な呼び込みの声が響いた。福島第一原発事故からまもなく5年。今も全村避難が続く福島県飯舘村の復興につなげたいと、若者たちが村の自慢だった牛のPRに動きだした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます