逮捕した全ての容疑者の顔の立体画像をデータベース化する全国初の取り組みを、警視庁が4月から始める。全102警察署に3Dカメラを配備し、鑑識課が撮影データを一括管理する。防犯カメラの画像は下向きや斜め向きが多いが、3D顔画像ならより高い精度の識別ができるようになるという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます