経営難のシャープに対し、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が支援の総額を53億ドル(提案時の為替換算で約6300億円)に積み増したことがわかった。つられるように支援の有力候補とされる政府系ファンド産業革新機構も、当初想定していた2千億円規模の支援額を3千億円規模に引き上げた。交渉の焦点は、巨額の金融支援をしている主力取引銀行の判断に移ってきた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます