不良然とした少年が「YOYO(ヨーヨー)!」。いかつい男性的な表現手段と見られがちだった「ラップ」の担い手に、最近、女性の姿が目立っている。アイドル文化とも融合し、ゆるくて、シュールで、内省的で、多様なラップを繰り出している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます