国内最大のツル越冬地・鹿児島県出水市の出水平野で1月31日、ツルが繁殖地へ向かう「北帰行」が始まった。第1陣のマナヅル390羽が北西に飛び去るのを、県ツル保護会事務局が確認した。これまで最も早かった昨季に比べて11日遅いが、ほぼ平年並み。このところ、比較的暖かい日が続いたためらしい。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます