岩木山のふもとで、救いを求めて訪れる人たちの癒やしの場「森のイスキア」を主宰した佐藤初女(さとう・はつめ)さんが、1日午前2時半ごろ、乳がんのため青森県弘前市内の病院で死去した。94歳だった。通夜は5日午後6時から近親者のみで、葬儀は6日午前11時から弘前市百石町小路20のカトリック弘前教会で行う。喪主は孫の信平さん。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます