スマートフォンとパソコンは、ともに日常的に活用する機器です。ネットワーク上のサービスに依存する部分が増えたことで、双方で同じサービスやアプリを使うことも増えました。OSを開発するメーカーは、どこもそうした部分に力を入れていますが、特に米アップルは「自社製品同士の密接な連携」に注力している企業です。今回は、アップル製品を連携させる強みについて、同社でOS XおよびiOSのマーケティング担当副社長を務めるブライアン・クロール氏(写真1)に話を聞きました。(ライター・西田宗千佳)…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます