昨年12月、国連気候変動会議(COP21)で採択された「パリ協定」は歴史的快挙で、テロや地域紛争、景気の低迷など重苦しいニュースが続くなか、大きな希望をもたせてくれた。何度かの失敗の後、合意に至った背景には、気候変動のリスクが多くの人々に身近に感じられるまでになってきたことがある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます